朝鮮総連ビルを落札したマルナカHDの影に見える?イオングループの戦略

岡山に住んでいるものとしては、スーパーのマルナカといえばおなじみなのですが。。。
いつからかイオングループとなり、その頃はお店に入るたびにイオンカードを勧められたものです。

そんなマルナカがニュースで話題になってます。

記事はこちら
総連本部の所有権移転=落札業者が手続き完了―東京地裁

朝鮮総連本部のビルを「マルナカホールディングス」が落札したという件。
岡山香川の人はマルナカと聞いて意外だったことでしょう。

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地建物の強制競売で、落札した高松市の不動産業者「マルナカホールディングス」(マルナカHD)が21日、代金22億1000万円の納付手続きを完了し、所有権がマルナカHDに移転した。

なぜマルナカ?
スーパーでも建てるの?
気になります。。。

マルナカホールディングスについて

スーパーのマルナカを運営しているのは「マルナカ」「山陽マルナカ」の二社。これらは兄弟みたいなものです。この二社の親会社として、「マルナカホールディングス」が存在したようです。創業家の資産管理や他の事業も行なっていたとのこと。

で、イオンに売られたのは「マルナカ」「山陽マルナカ」の二社。マルナカホールディングスは、そのタイミングでイオンの株を少し持ったようなので、この二社には親子関係はありません。まあ、仲間のようなものです。

このマルナカホールディングスは、調べてみると「不動産業」となっているので、投資という意味では今回のニュースは自然なことです。買った物件が曰く付きだったというだけで。。。

裏で糸を引いている!?イオンの戦略?

不動産業といえば、イオンモールもそうです。イオンモールは小売業ではなく完全な「不動産業」です。

広大な敷地に巨大な建物、イオンモールというネームバリューで集客し、中に入っているお店からテナント料を徴収するという形式。

なぜ今回、マルナカホールディングスが落札したのか?これを数年後にイオンが購入するというシナリオがもし出来ていたら。。。?今イオンが落札すると目立ち過ぎるので、マルナカホールディングスが表向き購入した形にした?いろいろ邪推してしまいますね。

私の住む岡山にもイオンモール岡山がいよいよオープンし、倉敷と合わせてイオン様々状態です。田舎でもイオンモールができることで活気が出ます。

こうしてイオンモールはますます勢力を拡大していくのか?そしてこの朝鮮総連ビルはイオンの糸引きがあるのか?注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)