美人なら採用?日テレホステス内定取消問題で発覚した内定の過程が気持ち悪すぎる

何だかニュースでも日に日に大事になって来ているようですね。日本テレビによる「ホステス経験が発覚したので内定を取り消した」事件。

一応、ニュース記事を貼っておきます。

日テレ内定取り消しの笹崎里菜さん「口頭弁論」ホステスは清廉じゃないのか

ロクな試験もせずに顔採用しているテレビ局

このニュースを見て、「職業差別だ」「経歴詐称だ」といろんな意見が飛びかっており、いろんな立場でさまざまな意見があるのでいい悪いはわかりません。

ただ、このニュースで明らかになった「女子アナ採用の実態」が、あまり注目されていないようですがなかなか気持ち悪いです(笑)

昨日のテレビニュースでも紹介されていましたが、前述のリンク先記事より抜粋します。日テレのアナウンサー体験セミナーにて、あくまで選考には関係ないからという前提で、

「来年の採用選考の練習になるから」と「学歴」「職歴」などの記載を求められたが、詳しい説明もなく、すべてのアルバイト歴は書かなかった。1週間後、役員面接と本試験があったが、漢字テストの結果は思わしくなかった。

いきなり役員面接ですよ。
おかしいです。
で、試験では漢字テストがあまりできなかったのですが。。。

採用担当者から「漢字の読みの問題の答えを下から読んでごらん」といわれ、読み上げると「あな うん す ぶもん ない てい」となった。

「日本テレビは、漢字が苦手ではあるが、負けず嫌いで素直な性格に期待し、坂崎里菜さんを2015年度入社のアナウンサーとして内定します」という採用内定通知を渡され、その後、研修などを受けていた。

どうですか?
下から読むと「内定」って書いてあるそうですよ!!?

ミスコン優勝というルックスで、まともな試験もなく採用される。倍率1000倍以上と言われるキー局のアナウンサー採用の実態が、(うすうす気づいていましたが)このニュースをキッカケに公になり、それを他局のテレビが報じているという。。。

水商売を見下しているが、逆に持ち上げているのもテレビ

ホステスという職業が「清廉ではない」という見解をテレビ局が示したことにより、一部からは「水商売を見下している」と反発が出ているようです。

しかし、そうした水商売を題材にしたドラマを流しているのもテレビ局。今放送中のものを調べて見ても
フジテレビ「ディアシスター」
テレビ朝日「黒服物語」

二つもあります。
これが水商売を持ち上げているのか見下しているのかわかりませんが…

けど、今の採用される女子アナってだいたい、ミスコン優勝者などの「準プロ」と言える人たちばかり。そしてテレビでの女子アナの扱いを見ると、「性を売る」という意味では、やってることは水商売と変わらないような気がします。

ワイドショーではあまり深く突っ込んでいませんでしたが(当たり前ですが)、何かすごい世界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)