アフィリエイト市場調査の落とし穴!完全に無視されているが稼げる巨大な市場ジャンルとは?

先日書いたこの記事。

アフィリエイターの8割は収入1000円未満。だからこそチャンスがある!

これを投稿してから、いろいろ調べ物をしていたら気になる市場調査が。

アフィリエイター満足度 No.1ASP、3 年連続「A8.net」
約 40%のアフィリエイターが支持
「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2013」

一瞬同じ調査かと思いましたが、違いました。こちらは「特定非営利活動法人 アフィリエイトマーケティング協会」さんの実施したアンケートです(先日の記事のは日本アフィリエイト協議会さんです)。

詳細はリンク先をご覧ください。スマートフォン市場が大きくなっており、それへの対応というのはアフィリエイト全般において急務のようです。

この調査結果には、アンケートの回答方法をハッキリ記載しています。そこを見ると、ASP各社に登録しているアフィリエイターからランダムに選ばれているようです。

で、その「各社」とは…

リンクシェア
エーハチネット
バリューコマース
Affiliate-B
アクセストレード
TG アフィリエイト
ジャネット
ADVack

以上。
なるほど、確かにアフィリエイトASPの有名どころを中心に選ばれています(私も初めてきいたところもありますが)。まあ、アフィリエイトマーケティング協会と関わりのあるASPなのでしょう。

と、ここで、疑問が生じます。。。

GoogleAdsense
Amazon
楽天

このあたりのアフィリエイトプログラムで稼いでる人は?結構居るはずですよね。特にGoogleAdsenseはかなり普及していますし、これだけで生活して居る人もいるとか!

あともう一つ。
アダルトアフィリエイト!!
要するに、大人のオトコ向けのアフィリエイトです。これはちょっと特殊ですが、今回の調査ASPでは取り扱っていません。

これらのアフィリエイターも調査対象に加えると、また違ったデータが出ると思うのですが。。。
というより、アドセンスやAmazonやアダルトジャンルでアフィリエイトをしている人にとってこの調査は参考にならない!ということですね。

アンケート調査というものは、客観的な世間の状況を知るのに非常に有益なものです。しかし、あくまで調査における前提条件というものがあり、それを加味しないと誤解が生じてしまう面もあります。

せっかくの有益なデータですから、このあたりも踏まえた上で活用すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)