ネット関連企業の偏見と評判。利用する前に最低限の情報は調べておくべき!

インターネット上には、有料無料問わずさまざまなサービスがあります。その中で利用する、しないの選別というのは「そのサービスが必要かどうか」という視点になってくるのは当然ですが、「どこの企業が運営しているのか」というのも信用問題に関わってきますよね。

まあ嫌いな企業のサービスであれば使わなければいいのですが、特にメアド登録が必要な場合や有料サービスで課金が発生する場合は、その前にある程度その企業について知っておく必要があります。
ただ、スマホでしかネットにアクセスしないいわゆる「ライトユーザー」の方は、ネット企業についてあまり知らないという方も多いようです。

「大企業=有名=大丈夫」みたいな。

というわけで、今ふと思い出すレベルですがネット関連企業の「意外な真実・実際のところ」というところをまとめて書いてみたいと思います。一応先に言っておきますが、これから出てくる企業の中にも私がお金を払って使っているサービスもあり、決して批判でありませんのでご了承ください。

GMOインターネット
有名なのはお名前.comでしょうか。他にもレンタルサーバーなど幅広く展開しています。ここは「企業買収」のイメージが強いですね。ロリポップサーバーでおなじみのペパボも買収しております。ちなみにここのムームードメインを私は愛用しています。

このGMOですが、もともとダイヤルQ2のサービスを提供していたようです。
若い人はQ2といってもピンとこないかもしれませんが、電話を使った情報サービスです。で、GMOはいわゆる出会い系サービスを提供していた模様。そう考えるとこの躍進はすごい!

DMM
ちょっと前にはローラと清原(その後のスキャンダル含め、ものすごい組み合わせ!)がテレビCMに出ており、インパクトありました。「DMMって何してる会社?」みたいな内容のCMでしたが、実際にどんな会社か知らない人も多いでしょう。

動画配信を中心としており、証券やレンタルサービス、さらには英会話まで幅広く展開しています。3Dプリンタについてもいろいろ進めているようですね。しかし、それこそスマホしか触ったことないような人ではなく数年ネットを触っているような人であれば「DMM=アダルト動画配信」のイメージが強いでしょう。なのに今となってはここまで事業を広げているのですから、よく考えたらすごいことです。

GREE・モバゲー、他
ソーシャルゲームの企業ですが、いわゆるリテラシーの低いユーザーをカモにしてぼろ儲けしているイメージが強いでしょう。いわゆる「コンプガチャ問題」では、何十万円もつぎ込んでしまうヘビーユーザーを量産していました。一時期ものすごい量のTVCMを流していたのも、ライトユーザーを捕まえれば儲かるという事実があってのことです。

そして「出会い系」と揶揄されるような運営方法。実際に売春の温床になっているといったニュースもありました。出会い目的ユーザーへの取り締まりを「ある程度」だけすることにより世間体を保ちつつ、出会い目的でも利用できるレベルの取り締まりにとどめておくことでユーザーを増やすという戦略!

こういうのにお金を払ってしまうユーザーが居る限り、ITバブルは続くのでしょう。

FC2
FC2ブログを中心にお世話になっていますので、私はユーザーでもあります。このブログでも書きましたが、特にFC2動画などにおける著作権問題等に絡む部分でいろいろ訴えられたりされていますね。

無法地帯とも呼ばれているFC2が、海外法人ということにして逃れていたいろんな問題が、いよいよ言い訳が通用しなくなってきたようです。今後どうなるのでしょうか・・・

ざっと数社挙げましたが、「そんなの常識」と言う人もいれば、「知らなかった!」という人もいるでしょう。

知らなくて困るというわけではないですが、たとえばパン屋さんが店舗のブログを無料ではじめようとしたとき、上記のような知識があればFC2ブログは使わないでしょう。

ついでに言うと、広告だらけでカスタマイズもできないアメブロも外した方がいいかも、です。では何がいいのか。。。と検討すると、結局は格安でいいからレンタルサーバー借りてWordPress入れましょうよ!となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)