Facebookで名言やいい話をすぐ「いいね!」してしまう人は嫌われる、という話

ほとんど放置してしまっているFacebookですが、極力タイムラインは追うようにしています。明らかに以前より、定期的に投稿している人は減っているようですが。。。

むしろ私は、Facebook自体よりもメッセンジャー機能をメインに使っているような感じです。一般的にはLINEでやりとりするのかもしれませんが、Facebookしか知らない知人も居るのでFacebookメッセンジャーが便利なのです。

さて本題。
Facebookを使ったマーケティングというのはよく言われる話です。企業がFacebookアカウントを作ってアプリを作成して。。。といった大規模なものもありますが、個人でもできる時代なんですね。

Facebookは名言好きを狙え!儲かるamazonアフィリエイト

これなんか代表的な例で、執筆者も皮肉を込めて書いています。

名言や「いい話」が好きな人って多いですよね。友達が押した「いいね!」が自分のタイムラインに出てくるので、誰が書いた記事かも確認せず、何となく「いいね!」する。

その繰り返しにより、ヒットすればものすごい勢いで拡散されます。

で、そんなアフィリエイトリンクを仕込んだ記事ばかり「いいね」していると、間違いなく嫌われます。ちょっとアフィリエイトをかじったことがあれば、リンクのURLを見ただけでわかりますから。転送機能を使ってダミーのURLを貼り付けていても、記事の雰囲気でわかります。

アフィリエイターは、他人のアフィリリンクを踏むのを嫌います(笑)

Facebookにアフィリエイトリンクを持ち込んではいけない、ということはありません。禁止されていない限りはいいはずです。

ただ、FacebookはTwitterなどに比べて「実名」でリアルな知り合いと交流するのがメインです。

要はオンラインであるだけで実際は、普段の知人関係のやりとりに他ならないのです。

そう考えると、知人とのやりとりに商売を持ち込むのはどうでしょうか。。。?

友達に「あの本面白かったよ」と紹介されて購入すると、実はその友達はお店から紹介料を受け取っていた、ってことです。

何だかいい気分はしないですよね。
売られたような気分です。

とりあえず、Facebookでむやみに「いいね!」しない。

そうすることにより意識的にせよ無意識にせよ、商売に加担している形になってしまいますから。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)