レンタルサーバー選びでスペックと同じくらい大事なのは「サポート・対応」

実はここ一週間、アフィリエイト用のサーバーについていろいろ大変な目にあっています。現在はきちんと復旧したのですが、もう気が気じゃなかったですね。。。

アフィリエイト用にレンタルサーバーを契約しており、それが格安の海外サーバーなのですが管理画面もサポートも日本語というところが気に入り使っていました。

かなり前から契約して運用していたのですが、以前起きてしまった(別の)海外サーバーのトラブルに伴い、そこからいくつかのブログを移転させてきたため負荷がかかり、プランを上げたりしていたのです。

一週間位まえ、ふとアクセス解析を見ると、前日からアクセス数がゼロになっています。「あれ!?」と思いアクセスしてみると案の定エラー。

いろいろ調べたところ、そのサーバーで運用しているブログがエラーになっていることがわかりました。

「ローカルの MySQL サーバのソケットが正しく設定されていません」といったエラーがでてしまい、MySQLのページにも行けず500エラーになってしまうような状況。

そして何より、サポートにメッセージを送っても、何日しても応答すらない状況。これ、ヒドくないですか?

絶望的です。。。
アフィリエイトブログなので、もちろんアクセスがない期間の機会損失は大きいです。いつまで続くのだろう…

いろいろ調べましたが明らかに、サーバー側で何か更新を行った際のバクというかエラーというか。だってこちらは何もしてないですから。。。

ただ、アクセスが増えてきてトラフィックが増大していることには間違いありません。共用サーバーなのでサーバーに負荷をかけると迷惑ということで、そろそろ移転しないといけませんね。

というわけで今は復旧したのでヤレヤレです。

ホント、スペックだけじゃなく「サポート対応」は重要なサーバー選びの要素ですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)