「儲かる系」の情報商材を売っている人はなぜそのやり方でもっと稼がないのか?

前回の「情報商材」に関する記事について、もっと掘り下げて行こうかなと思っています。

前回も言いましたが、一概に情報商材=胡散臭い、というものではありません。ただ私は、よくある「稼げる」「儲かる」といったものに騙されないようにしましょうという警鐘を鳴らしているのです。


このエントリーのタイトルにある通りの疑問。みなさんどう思いますか?

そんなに儲かるやり方なら「稼げるカラクリ」を使って稼げばいいのに、そのカラクリ自体を販売して稼ぐのはなぜか?

上記の例にヒントが隠れていますね。
川島さんにしても与沢さんにしても、圧倒的なメルマガ読者数が居ます。このメルマガ読者に向けてコピペでいいので情報発信することにより「コピペだけで稼げる」のです。

普通の人は情報発信先がありません。メアドの集め方もいろいろありますが、「メルマガ会員募集」だけでは厳しいので、無料レポートや無料ツールなどで釣ってメアドを集めます。

といったこのような「しくみ」を、情報商材として販売しているのです。なので、こうやってメルマガで紹介してアフィリエイトで稼ぐのです。

まあ、あまり現実的ではないですよね。手を替え品を替えこういった商材がネット上にはたくさんあるのが実情です。

そういったノウハウを売っている人のブログを見たらわかりますが、みんな「メルマガ」を発行しています。

苦労話を聞かせる
➡︎あるやり方に出会って人生変わった
➡︎稼げるノウハウあるよ
➡︎無料メルマガに登録してね
➡︎毎日メールが来る
➡︎売り込みの内容が増える

という流れで、100人のうち1人でも購入してくれたらいいのです。

上記のしくみを理解していれば、そんな儲け話には乗らないでしょう。それに引っかかってしまうのは、要するにITリテラシーが低い初心者なのです。

そういった情報商材との関わりも強いアフィリエイトの種類で、「無料オファー」と呼ばれているものがあります。

オプトインアフィリエイトとも言われますね。

次回はこれについて説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)