一斉メール配信はサーバー転送量に注意!「403 Forbidden」になる可能性もアリ

いやー、久々にアセりました!
やっぱりネットビジネスにおいて、サーバーのスペックというのは肝ですね。こればかりはきちんと動いてくれないと、どうしようもない!!

直接の私のサイトではないのですが、ちょっとお手伝いしているサイトというのがありまして、そこでの出来事です。

メール会員の方に一斉メール配信を行ったのですが、久々の送信で、前回送信時に比べ会員数が大幅に増加していたのを、わかってはいたのですがナメてました。。。

某レンタル共有サーバーに、一斉配信用フリーソフトをインストールしており、HTMLではなくテキストメールで送信先数は2000件程度。

7割くらい送信したところで、画面が止まってしまいました。
いつまで経っても動かないのでもう諦めて画面は消したのですが。。。

ふと思いブログにアクセスすると、403エラーに!

この403エラーは「このページは存在しているが、アクセスができない状態である」という意味です。なのでURL間違いとか移転してしまったとかではなく、何らかの原因でアクセスができないということになります。

それまではアクセス出来ていたので、明らかにメール一斉配信によるサーバー負荷が原因です。

サーバーの管理画面を見ても、ヘルプを見てもわかりません。お盆休み中だからか、サポートへメールをしても返事がすぐにはありません。

諦めて翌朝再度アクセスすると、無事に表示されました。おそらくサーバー負荷が高かったので一時的に自動的にシャットダウンしたのでしょう。

というわけで、一斉メール配信は要注意!サーバースペックとしっかり照らし合わせないと、サーバーが遮断されてしまうようですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)