読者には何もメリットが無い「レスポンシブデザイン」というブログテンプレート

先日も記事にしたように、仕事用のケータイがXperiaになりました。初めて所有するAndroidということで楽しみにしていましたが、やはりというか当然なのか、iPhoneの使いやすさを改めて知ったような印象です。

いやー、iPhoneってホント良く出来てますね。Androidを触って改めてわかりました。

ホリエモンがAndroidを(敢えてだと思いますが)ボロクソに言っていたのも、わかる気がします。

iPhoneだと、やはりネットサーフィンする率が高くなりますね。だって操作し易いんですから…

ちなみに我が家にはiPad miniもあるのですが、正直全く使っていません。だったらiPhoneでいーじゃん、となるんですよね。

というわけで、今更言うのもアレですが
ネットを見る環境というのは多様化しており、パソコン持ってなくてスマホのみ、という人も多いそうです。そうなると発信側もそれに対応していく必要があるのですが…

で、本題。
最近多い「レスポンシブデザイン」について。

レスポンシブデザインとは、一つのデザインでPCでもスマホでも最適表示してくれるテンプレートです。WordPressでも有料無料問わずたくさん発表されています。

これって便利なんですが、気をつけなければならないことが二つ。

広告の最適表示
PCでもスマホでも同じ広告が表示されます。片方のデバイスにしか対応していない内容の広告の場合、無駄が生じますね。

特にスマホの時、重い
一つ目の広告の件にも通じますが、PCとスマホ共用なのでいろんな工夫がされており、そのせいで容量がかなりあります。しかもパソコン用の広告まで表示するとなると、特にスマホの時に読者側はストレスを感じるかもしれません。

というわけで、メリットは「PC、スマホいずれも一つのテンプレートで対応できる」って、これは発信する側のメリットだけです。読む人のメリットじゃありません!

ではどうすればいいのか?

私は基本的に、PC用とスマホ用の二つのテンプレートを用意し、アクセスしてきた環境により切り替え表示させています。

FC2ブログは基本的にこの考え方ですよね。PCとスマホでそれぞれテンプレート設定が可能です。

WordPressの方は、「Any Mobile Theme Switcher」というプラグインを検索してみてください。スマホ用のテーマ(テンプレート)が選択できるようになります。

レスポンシブとは異なり二つのテーマを準備する必要がありますが、スマホ用には極力軽いテーマを用意することで、読者の方に親切なブログが出来上がります。

このプラグインを使って、スマホ閲覧に最適なブログを構築してみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)