ミニスカ炎上マーケティングで注目を集めるスカイマークの戦略

航空会社「スカイマーク」のCAさんのミニスカ制服の件が、
話題になっています。この件をマーケティングという視点で考えてみます。

この一件、スカイマーク社からすると誤算だったのかと思いきや、
かなりの宣伝効果です。思いのほかニュースなどでも取り上げられています。

今までJAL、ANAにしか認識していなかった航空会社を、今回の件で
覚えたという人も多いはずです。今までは見向きもしなかったのに
「次に乗ってみようかな?」と思わせることはできたでしょう。

炎上マーケティングと呼ばれるものがあります。
いわゆる「ネット炎上」を引き起こし、それが結果的に注目を集める
ことになり宣伝効果となるのです。

となると、賛否両論あるものやスキャンダラスなものが効果的ですが、
そういった意味では今回のスカイマークの戦略は見事だと思います。

ネットの時代なので、いい話も悪い話もあっという間に伝わります。
こういった特性を利用し、話題をうまく振りまいていくような
マーケティング戦略は、今後も増えていくでしょう。

ネットビジネスにおいても参考になるべきところだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)