0 Shares

広島県北の古民家風イタリアン「チャオチャオ」田舎でも大人気の隠れ家


このブログで紹介するグルメ情報は岡山県がほとんどだが、先日、北広島の方へ行く機会があり、そこで食した隠れた有名店を紹介したい。

住所で言うと「安佐北区安佐町」。
一言でいうと、田舎だ。

このあたりでランチをする必要があり、いろいろ調べて何となくネットで見つけて、車を走らせたのがこちらのお店。何となくイタリアンが食べたかったというだけで選んだ。

まさに「隠れ家」という言葉がピッタリの人気店だった。

GoogleMapで設定して車を走らせたが、「あと2分」と表示されても田舎道から抜けない。
目的地設定を間違えたんじゃないの?とか喋りながら、ナビ通りに脇道へ。
お好み焼き屋さんを越えると、看板が。
どうやら用水路(?)の向こうにある古民家が、目的地のようだ!

しかも、お店の前の8台の駐車場は、1台分しか空いていない。
正直、どう見ても田舎の一角にある古民家でしかないので驚いた。ここを目がけてこないとたどり着けない。

そして店内に入ると、何と席がいっぱい。
1グループ分だけ席が空いているようで、座る事が出来た。

※土日のランチタイムだと、予約も多いようなので要注意。

店内は、まさに古民家。
昭和の家を改装している。私の実家の立て替える前の家がまさにそうだったので、子供の頃に馴染んだつくりだ。

縁側があり庭が広がっている。
店内は、「ここにふすまがあったんだろうなあ」「ここは客間だったんだろうなあ」というのがわかる作り。その上でキレイにリフォームしてある。

さて注文!
いろいろあったが、パスタランチに。
私が注文したのは「ナスとモッツァレラチーズのトマトソースパスタ」。

前菜が来て、パンが来て、いよいよメインディッシュ。

これ、チーズが絡んでものすごく美味しかった.
お店の雰囲気といいメニューといい、人気があるのもうなづける。
そして接客も非常に気持ちいい。

食後のドリンクがきて終了。
これで1200円程度。安い。

飲食店にとって、立地というのは重要な要素の一つである。
しかし、はっきりいってこのお店、立地場所としては全くよくない。
県北の田舎の、県道から1本入った道からさらに奥にある、昭和の家を改装したもの。
たまたま見かけて寄ってみた、というのは全く期待できない場所である。

しかし、昭和の古民家をリフォームして素敵な雰囲気を醸し出し、落ち着く空間を作り上げ、そして何よりこの味。

しっかりとしたコンセプトと提供メニューがあった上できちんと広めれば、あとは口コミでお客さんが集まってくるんだろうなあという好例だと思った。いや〜素晴らしい。

チャオチャオ (Ciao!Ciao!)
広島市安佐北区安佐町鈴張1838