0 Shares

人気のスペイン料理「アヒージョ」を自宅で作る!ニトリの格安鍋が人気!


最近、「バル」と呼ばれるお店が多い。
食堂とバーが一緒になったようなお店で、スペイン発祥らしい。

先日友人と飲みに行った時に、どんなものか気になったので入ってみた。
壁を取っ払っているので店内でも外から丸見えだが、軽く1杯というのに丁度いい雰囲気だなあと感じた。

そこで、初めて食べた「アヒージョ」というもの。
これが今流行らしい。

Wikiより引用。

アヒージョはスペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理の一種である。マドリード以北でも提供しているバルは多い。

食べてみると、オリーブオイルとニンニクの風味がマッチしてものすごく美味しい。フランスパンなどをつけて食べるとさらに最高。
これはお酒のつまみに最高だ。

これは自分でも作ってみたい!
そう思い、翌日には早速レシピを調べ、買い物に繰り出していた。

スキレット(鍋)はニトリで安く買える

アヒージョ用の鍋はニトリで格安で買えるらしい、という情報を聞き、早速行ってみた。
店員に聞くのもかっこわるいなあと思いつつウロウロしていると、発見した。

上段が6インチ。下が8インチ。
「テレビで紹介されました」というPOPがある。

とりあえず試しなので6インチの方を、その横に合った木の敷物と一緒に購入。

要は、鋳鉄製の小さなフライパン。
ダッチオーブンみたいな素材なので、大きさの割には重量感がある。

アヒージョを作ってみる

とりあえずスーパーで材料を購入。
自宅にあったものもあわせて、レシピを記録しておく。

・アサリ
・冷凍エビ
・マッシュルーム
・ニンニク
・オリーブオイル

これだけ。
材料は私が好きなものにしたが、これ以外でもタコ、牛肉などいろんなパターンがあるので、好きなモノでよい。ただ、魚介系の出汁が出て美味しいのでそれはマスト(今回の場合、アサリ)。

※アサリの塩抜きなどの前処理は、材料に合わせて行っておく事。

オリーブオイルを200ml程度と、皮をむいてみじん切りにしたニンニクを温める(量は各自調整)
その後、材料を入れて煮る。
材料は適当に切れば良いが、小さく切りすぎない方が美味しい。

煮えたら完成。
オリーブオイルとニンニクの風味に加え、アサリの魚介風味が絶妙なバランスを醸し出す。

完成!

適当な分量で作ったけど、美味しい!
そしてフランスパンを付けて食べる。さらに美味しい!

子供達にも好評だったようで、あっという間に無くなった。

注意事項として・・・
今回私は6インチのスキレットを購入したが、正解だった。
レシピを見ればわかるように、オリーブオイルとニンニクで煮るので、やはり濃厚である。大きな鍋で作ればたくさんできるが、正直、お腹いっぱいまで食べるものではない。お酒のつまみや一品料理に最適なものだ。

なので、食後に「もうちょっと欲しかったなあ」という程度がベストだと思う。

というわけで、お酒のつまみに最適な「アヒージョ」、お父さんでも簡単に作れるのでぜひ試してみては!?