0 Shares

COLOR「GALAXY」バンドサウンドからハウス路線への転換と、全曲動画付き


今をときめくバンド・ディルアングレイの、事務所の社長としてもお馴染みのダイナマイトトミーが率いていた、COLORというバンド。

「東のX・西のカラー」のように、半ば伝説のバンド的に語られることはあっても、サウンド的な評価をされることがあまりないので、以前こんな記事を書いた。

TATSUYA(COLOR)のテクニックとギターサウンドを年表と動画で振り返る

そしてそんなある日ネットをいろいろ見ていてある物に目が止まった。ヤフオクの画像で、実際に落札されたものなのですが…。

29,980円!!
こちらはCOLORが音楽性をガラっと変え、「GALAXY」名義でリリースしたアルバム。驚くような金額で、実際に落札されていることに驚いたものだ。

これ私も昔持っていて、結構聴いたけど、もう手元には無い。前に何かで思いだすことがあり、聴いてみたくなってネットを漁ったけどどこにもアップされてなかったのに、今YouTubeを見て発見!

というわけで、「聴いてみたいけど高値で落札できない」という人向けに、解説も含めて紹介する。

サウンドスタイルの転換

1993年10月に、ビクターからリリースされたフリーウィルのオムニバスアルバム「Free-Will ANNIVERSARY 1993」。

ここに収録されたCOLORの「I CAN’T GO BACK」という楽曲。今までのサウンドから180度かわり、打ち込みのハウス路線になっており、ファンを驚かせた。

そして1994年、イギリスのDANZIGレーベルからリリースされた、アーティスト名の無い「GALAXY」というアルバム。

収録曲の画像があったので貼っておく。

このアルバム、ジャケにも歌詞カードにも「COLOR」という文字やメンバー名の記載も一切なかったが、媒体によってはCOLORの作品と書いているところもあり、まあ当時のファンならみんなわかっていた。

そして、COLORとSPEED-iDによる「CLUB PSYCHO」。この背景は…。

ツアーで回ってファイナルがクラブチッタ…だったかな?この日のライブレポは、フールズメイトで読んだ気がする。

サウンドの試行錯誤

COLORとしては、サウンド的な試行錯誤中だったと思われる。このハウス路線への転換も、TOMMYのその頃の趣味だったのだろう。当時の何かのインタビューでTOMMYの「昔の作品は古い友達に聴かせられないけど、今のなら聴かせられる」といった趣旨の発言も読んだ記憶がある。

このサウンドスタイル転換は、当時中学生だった私も驚いた。フリーウィルのオムニバスでは、ギターをやっていたこともありかつてのサウンドを期待していたのに流れてきたのはハウス路線のサウンド。そういう音楽に疎かったので、マドンナの「VOGUE」みたいだなーと。

しかし聴いているうちにいいなぁと思うようになり、「GALAXY」は通販で購入。普段聴く音と全く違うけど、不思議とよく聴いたアルバムである。

一連の「GALAXY」の活動のあとは、COLORの活動は自然とフェードアウト。そして1995年のフリーウィルオムニバス「ストロベリーロードvol.1」に、COLORは不参加だったがTOMMYはSISTER’S NO FUTUREとして、GALAXY路線の「WAITING FOR YOU」というトラックで参加。
(ちなみにこの作品のサウンドはTATSUYAによるもの)

COLOR「GALAXY」楽曲紹介

ではここから、アルバム「GALAXY」の楽曲を紹介する。アルバム自体がプレミアがついてしまっているので、コレクターではなく純粋に音が聴きたい人には、こういうYouTubeはありがたいものだ。

一曲ずつ詳細解説を入れたかったのだが、大した説明ができないので申し訳ない…。

『GALAXY』
かなりエフェクトがかかっているが、声でTOMMYとわかるだろう。

『TRANQUILIZER』
コーラスの声がMARRYっぽく聴こえるけど、メンバーがコーラスで参加しているのだろうか?

『PRISM#9』

『I CAN’T GO BACK』
先ほど紹介したフリーウィルのオムニバスに収録されたのとは、トラックが異なる。
Bメロの歌詞が、名曲「LA LA MIE」であるというのを付け加えておく。

『PARADOX』

『WHAT OF IT?』
これいい曲!

『REMEMBER SEEING』

『PRIVATE ENEMY』

『EROTICA』
この曲だけ、YouTubeになかった…。
スローテンポでわりと長めのトラックで、女性コーラスとの絡みが非常に素晴らしい曲で、多分このアルバムの中で一番よく聴いた曲だったのだが、残念。

『ORIENTAL DEEP SLEEP』

とりあえず言いたいのは、YouTubeってホント便利!ということ。こういった、なかなか手に入らないけど一部の人がすごく聴きたいと思う曲も!アップロードされていればニーズがある。

COLORでも配布CDSのトラックがアップされていたり、昔のファンとしては嬉しい音源が眠っている。

この「GALAXY」だが、ヴォーカルの印象でどうしてもCOLORというのがわかってしまうが、そういう偏見なくBGMとして聴いてみて欲しいと思う。

YouTubeにアップしてくれた人、ありがとうございます!