0 Shares

映画「We are X」前哨戦。私のXJAPANに対する認識と思い出


話題の映画「We are X」をやっと見ることができました。

先日、たまたま早く帰宅した金曜の夜に、たまたまついていたテレビでミュージックステーションがはじまり、小沢健二とX JAPANが並んで登場しているのを見て、まさか37歳になってこんなのを見るとは!と思ったのですが、そこで映画の話をしていたのでいろいろとチェック。

それでこの映画のことを知り、予告編などを見て、これは見たいなーと思い映画館に行ったのですが…いやー素晴らしかった!

というわけでこの映画について感想を書きたいと思います。映画を見て興奮冷めやらぬ間に、思うがままに書いています。

…と書いて、いざ本文を書きましたが私のエックスに対する考えだけで文字数が多くなってしまったので、この記事では映画については触れていません。

映画については次の記事で。

私の「エックス」遍歴

この映画は、X JAPANに今まで触れたタイミングや時代などによって印象が変わると思いますので、私のエックス遍歴を。

意識してはじめて聴いたのは小学校6年生のころ。1991年です。アルバム「Jealousy」を友人の兄に聴かせてもらい、その時にカッコいいなぁと思いいろいろ聴くようになりました。

その後中1の時にギターを買ってもらったのですが、オービルのレスポールカスタムタイプを選んだのは、多分PATAの影響だと思います。

アルバムも全部聴き、スコアブックも買って練習。周りのギター仲間もみんな好きでしたね〜。

そして「ART OF LIFE」発売。
はじめてリアルタイムでリリースされたこの作品。死ぬほどコピーしました。HIDEの1stも初回盤のを買いましたし、かなりのめり込んでいました。

当時をリアルタイムで見ていた人にはよくわかると思いますが、音楽雑誌でも別格扱いでした。そしてテレビでも大物扱い。やはり今改めて思うと、YOSHIKIの自己プロデュース能力というのは素晴らしかったということだと思います。

DAHLIA以降について

その後いろんな音楽にハマっていき、「DAHLIA」は買いましたが以前ほどではなかったです。とは言えよく聴きましたが。
そして、解散騒動。
仕方ないとは思いつつ、やはり一抹の寂しい想いはありました。が、大学受験シーズンだったのであまり追えていなかったのが正直なところです。

そして、HIDEの死。
大学で実家を離れ、ゴールデンウイークに実家に帰っていた時に友達からの電話で知り、慌ててテレビをつけて衝撃を受けました。これはかなりのものでした。

なので、当時のファンの衝撃というのもよくわかります。今、誰がが無くなってあそこまでの影響を与える人はいないでしょう。

そして、XJAPAN復活。
そしてSUGIZO加入。これは、古いファンであればあるほど、納得の人選でしょう。HIDEとの関係性を考えても、他に居ないですよね。
その後の動きについては、ニュースに流れてくるのを追う程度でした。

明らかに言えるのは、絶頂期(90年代初頭)と比べるとやはり解散以降はエックスという名を聞く事は少なくなっていましたが、復活してから特にここ数年については、エックスというものの(あくまで世間的な)ランクが上がっている気がしますね。
MSGやカーネギーホールといったコンサートで箔がついたというのもありますが、元気のない日本の音楽業界においてYOSHIKIは数少ない成功者という部分もあり、よく知らない人から見た「何だかすごい人」具合が上がっているのは間違いないでしょう。
ヘタすると92年ごろの絶頂期以上かもしれません。

誤解を恐れず言えば、確かにドラムもギターも速いですがもっと速いバンドはありますし、テクニック的に誰もできないわけじゃないです。友達とかで「あれは誰にも弾けない、叩けない。だからエックスは凄い」という人が居ましたが、「凄いのはそこじゃないでしょ」とは思っていました。

もちろん自分は叩けないしあんなに弾けないですが、もっと速いのもいろいろありました。周辺バンドだけでもAION、GARGOYLEとか…。

けど、凄いのはそこじゃなくて、メタルを基調としたロックバンドというのはたくさんありましたが、それをメジャーのフィールドで花開かせてトップにまで上り詰めた、というところだと思っています。クラシックの要素というのも重要な部分だと思いますが、メタルとクラシックの融合自体が目新しいわけではなく、その辺りも含めた自己プロデュース力。

ビジュアル系バンドの先駆けとして

あまり好きな言葉じゃないですが、エックスをはじめとしたビジュアル系バンドの創始者的に語られます。

エックスはメタル系統ということで、44マグナムとかみんな金髪でしたがそこからの流れである事は間違いないでしょう。初期エックスの写真を見ると、ジャパメタの流れは見え隠れしています。

対して、同時期というか若干デビューが早かったBUCK-TICKも派手系でしたが、これはオートモッドなどのデカダン系の延長であると言われています。なのでルーツが違うんですね。またはBOOWYなど。

そしてエックスの後輩バンドとして様々なバンドが出て来ますが、音楽的なフォロワーというのはほとんど居ないというのも面白い話です。やはり商業ベースに乗せるには、メタル系は難しいのでしょう。

この映画でも後輩バンドの映像やインタビューが流れていましたが、やはりエックスというバンドの偉大さを感じさせてくれるものでした。

やっと映画の話が出てきましたが、長くなってしまったので映画の感想は次の記事に!

※賛否両論な書き方の部分もありますが、当時から見ている人には伝わると思って書いていますので念のため。