オールドVisual系マニア向け 作品リリース年表(1985年〜1991年)

先日の「VISUAL JAPAN SUMMIT」に合わせて記事を投稿しようとしてまとめていたのですが、面倒になり放置してしまっていましたがやっと完成!
オールドV系作品年表!
※完全にタイミングを逃してしまった気がしますが・・・
 完成した後でふと思い立ち、レーベル名とAmazonリンクを入れました。

いろんなバンドの作品を遡って聴いていると、そのバンドのリリースの前後関係はわかりますが「シーン全体の動き」というのはわかりにくいものです。

というわけで、初期V系の作品リリースや出来事を年月ベースで年表にまとめてみました。

…という作業を行っていると、V系ではないけどその年代を考えるのに参考になる作品や出来事もいろいろ出てきたので、インディーバンドやメタル、ハードコアまで幅広く含んでいます。なので「ナゴムはV系ではない!」「あのバンドがない!」といった意見はいろいろあると思いますが、ご容赦下さい。

こうして見ると「AIONって意外とデビューは遅いんだ」「80年代末にデビューしたバンドは作品リリースが多い」とかいろいろ発見があります。


「」はシングル
『』はアルバム
作品名の後ろの()は、オリジナル版のレーベル。
これ以外の区別はつけていません。

年表を見やすくするために主要作品のみに絞って掲載し、作品詳細までは触れていないので、メジャーで数十万枚売れた作品も自主制作でこじんまりとした作品も並列に扱っています。

あくまで各バンドや作品について知識がある人が、その前後関係を楽しむものとして作成しています。

1985年

伝説的バンドの解散とインディーズブーム。
オートモッドや、(ザの付く)スターリン等が解散。そしてインディーズ御三家の台頭。インディーズという言葉がメディアに出てきたのもこの頃。

1月

・AUTO-MOD『DEATHTOPIA』(WECHSELBALG)
 ※メジャーデビュー作品
・LAUGHIN’NOSE「GET THE GLORY」 (AA)

2月

・GASTUNK「GASTUNK」(DOGMA)
・THE STALIN 解散ライブ

3月

・DEAD END 初ライブ

4月

・LAUGHIN’NOSE アルタ前ソノシートバラまき
・AION 活動休止

6月

・X「I’LL KILL YOU」 (DADA)
・MEIN KAMPF 結成

7月

・AUTO-MOD『EESTANIA』 (WECHSELBALG)

8月

・GASTUNK『DEAD SONG』 (DOGMA)
・筋肉少女帯『とろろの脳髄伝説』

10月

・MEIN KAMPF「SPEEDER!」

11月

・LAUGHIN’NOSE「BROKEN GENERATION」 (VAP)
 ※メジャーデビュー作品
・AUTO-MOD 解散ライブ

12月

・GASTUNK「Mr. GAZIME」 (DOGMA)
・有頂天「心の旅」 (キャプテン)

1986年

メタル系の台頭

3月

・GASTUNK「GERONIMO」 (DOGMA)
・有頂天「ベジタブル」 (ナゴム)

4月

・聖飢魔II「蝋人形の館」 (SONY)
 ※メジャーデビュー
・X「オルガスム」 (EXTASY)
・MEIN KAMPF解散、AION再結成

5月

6月

・DEAD END『DEAD LINE』 (Night Gallery)
・四谷公会堂「第一回ナゴム総決起集会」

8月

・豊島公会堂「第二回ナゴム総決起集会」

9月

・有頂天『ピース』 (Pony Canyon)
 ※メジャーデビュー作品
・聖飢魔II『悪魔が来たりてヘヴィメタる』 (SONY)

10月

・BUCK-TICK「TO-SEARCH」 (太陽)

12月

・GASTUNK「THREE SEX X’MAS」 (Love)
・XにTAIJIが再加入

1987年

後にブレイクする様々なバンドが最盛期メンバーに。

1月

・JUSTY NASTY 結成
・SAVER TIGER 解散

2月

・D’ERLANGER 「GIRL」 (Mandrake Root)
・X HIDE加入

3月

・COLOR「MOLT GRAIN」 (Free-Will)
・筋肉少女帯『ノゾミ・カナエ・タマエ』 (ナゴム)

4月

・BUCK-TICK『HURRY UP MODE』 (太陽)
・BUCK-TICK ライブ「バクチク現象」開催
・JUSTY NASTY「ROOM#13」 (Night Gallery/ROSE)
・LAUGHIN’NOSE ライブ中の事故

6月

・GASTUNK『UNDER THE SUN

7月

・筋肉少女帯「高木ブー伝説」 (ナゴム)
・AION「HANG ON NIGHT」
・Gargoyle 結成

9月

・BUCK-TICK『バクチク現象 at LIVE INN』  (Victor)
 ※メジャーデビュー作品(ビデオ)
・DEAD END『GHOST OF ROMANCE』 (BMG)
 ※メジャーデビュー作品
・VIDEO STALIN「DEBUT!」 (Channel 5)
 ※ビデオ作品

・JUSTY NASTY『PLEASURE OF THE SLUTS』 (Night Gallery/ROSE)

11月

・BUCK-TICK『SEXUAL×××××!』(Victor)
・ZI:KILL 結成

1988年

BUCK-TICKがブレイクし、インディーズシーンではXとCOLORが大暴れ。

1月

・COLOR『激突!』 (Free-Will)
・X『Vanishing Vision』 (EXTASY)

2月

・ZI:KILL TUSK加入

3月

・BUCK-TICK『ROMANESQUE』(Victor)
・JUSTY NASTY「TOO BAD」 (Night Gallery/ROSE)

4月

・BY-SEXUAL 結成

5月

・DEAD END『shámbara』 (Victor)
・LADIES ROOM「SWAPPING PARTY」 (EXTASY)

6月

・BUCK-TICK『SEVENTH HEAVEN』(Victor)
・GASTUNK『MOTHER
・筋肉少女帯『仏陀L』 (TOYS FACTORY)
 ※メジャーデビュー作品

7月

・D’ERLANGERにKYO加入

8月

・JUSTYNASTY LEZYNA脱退

9月

・大阪バーボンハウス「EXTASY SUMMIT」
※第1回

10月

・BUCK-TICK「JUST ONE MORE KISS」(Victor)
・大槻ケンヂのオールナイトニッポン スタート

11月

・COLOR CDシングル無料配布GIG
・目黒鹿鳴館「EXTASY SUMMIT」
※東京第1回

12月

・筋肉少女帯『SISTER STRAWBERRY』(TOYS FACTORY)
・BUCK-TICK 第30回日本レコード大賞新人賞
・SOFT BALLET 初ライブ
・GASTUNK 解散ライブ

1989年

時代はバンドブームに突入。Xがデビュー。

1月

・AION「DEATHRASH BOUND」 (Night Gallery)
・BUCK-TICK『TABOO』(Victor)
・BUCK-TICK 初の武道館ライブ
・STRAWBERRY FIELDS 結成

2月

・D’ERLANGER『LA VIE EN ROSE』 (Danger Crue)
・STALIN『JOY』 (ALFA)
 ※メジャーデビュー作品
・筋肉少女帯 三柴脱退 橘高加入

3月

・COLOR『FOOLS!GET LUCKY!』 (Free-Will)
・ZI:KILL『真世界〜REAL OF THE WORLD〜』 (EXTASY/GHOST)
・JUSTY NASTY「BLUE」 (Night Gallery/ROSE)

4月

・X『BLUE BLOOD』 (SONY)
 ※メジャーデビュー作品
・SOFT BALLET「BODY TO BODY」 (太陽)
・まんが道「ボヨヨンロック」 (TOYS FACTORY)
・BUCK-TICK 今井逮捕で活動自粛

5月

・かまいたち「独罰視姦」ビデオ
・オムニバス『EMERGENCY EXPRESS
 ※Gargoyle、ZI:KILL、かまいたち 他参加
・目黒鹿鳴館「EXTASY SUMMIT」
 ※LADIES ROOM、ZI:KILL、GUERILLA、無敵セッション、他
・LUNA SEA 現メンバーに

6月

・COLOR「BROKEN TAVERN」 (CROWN & Free-Will)
 ※メジャー&インディー同時リリース)
・JUSTY NASTY『CRASH』 (POLYSTAR)
 ※メジャーデビュー作品
・Gargoyle「蠢〜うごめき〜」 (after ZERO)

7月

・LADIES ROOM『SEX SEX SEX』 (EXTASY)

8月

・目黒鹿鳴館「EXTASY SUMMIT」2days

9月

・DEAD END『ZERO』 (BMG)
・SOFT BALLET『EARTH BORN』 (ALFA)
 ※メジャーデビュー作品
・かまいたち『いたちごっこ』 (Free-Will)
・渋谷公会堂「EXTASY SUMMIT」
※ZI:KILL「REAL OF THE WORLD」ソノシート配布

10月

・COLOR『SHOCK TREATMENT』 (CROWN)
 ※メジャーデビュー作品(ビデオ)
・Gargoyle『禊〜みそぎ〜』 (after ZERO)

11月

・JUSTY NASTY『LOVE』 (POLYSTAR)

12月

・COLOR『ASK THE ANGELS』 (CROWN)
・BILLY & THE SLUTS『FROM JACK IN THE BOX』 (Free-Will)
・筋肉少女帯「元祖高木ブー伝説」 (TOYS FACTORY)
・BUCK-TICK 東京ドームで復活ライブ
・目黒鹿鳴館「EXTASY SUMMIT」
・X 日本有線大賞新人賞・日本ゴールドディスク大賞
・聖飢魔II 第40回NHK紅白歌合戦

1990年

BUCK-TICKとXの躍進と、デビューするバンドが続出。

1月

・D’ERLANGER「DARLIN’」 (BMG)
※メジャーデビュー作品
・STRAWBERRY FIELDS『DANCERAMA』 (wonder force)
・COLOR ライブ中の事故により活動自粛
・BUCK-TICK「悪の華」(Victor)

2月

・BUCK-TICK『悪の華』『HURRY UP MODE (1990MIX)』(Victor)
・BY-SEXUAL「SO BAD BOY」 (PONY CANYON)
 ※メジャーデビュー作品
・かまいたち「はちゃめちゃ姫」 (VAP)
・AION『HUMAN GREIFMAN』 (Night Gallery)
・X 初の武道館ライブ
・筋肉少女帯 初の武道館ライブ

3月

・D’ERLANGER『Basilisk』 (BMG)
・ZI:KILL『CLOSE DANCE』 (EXTASY)

4月

・BY-SEXUAL『Culture Shock』 (PONY CANYON)
・SOFT BALLET『DOCUMENT』 (ALFA)
・有頂天『カラフルメリィが降った街』 (EMI)
 ※再メジャーデビュー
・VIRUS『MATERIALS』 (EXTASY)

5月

・JUSTY NASTY『Justy Nasty』 (POLYSTAR)
・かまいたち「狂乱舞踏」 (TOYS FACTORY)
 ※メジャーデビュー(ビデオ)
・L.O.X『SHAKE HAND』 ( Sunshine Sherbet Records)
・EX-ANS『Habit Of Sex』 (EXTASY)
・COLOR 活動再開
・BUCK-TICK 初の西武球場ライブ

6月

・LUNA SEA 初の黒服限定GIG(結成1周年)

8月

・AION 初の中野公会堂ライブ

9月

・かまいたち『はちゃめちゃ狂』 (TOYS FACTORY)
・STRAWBERRY FIELDS『Charme』 (MEDITATION)

10月

・THE MAD CAPSULE MARKETS『HUMANITY』 (INSECT NOISE)
・Gilles de Rais『DAMNED PICTURES』 (Moon Drops)
・DECAMERON『名曲アルバム』 (Free-Will)
・D’ERLANGER ラストライブ
・ZI:KILL 初の渋谷公会堂ライブ(デビューを発表)

11月

・BY-SEXUAL『SEXUALTY』 (PONY CANYON)
筋肉少女帯『月光蟲』 (TOYS FACTORY)
・SOFT BALLET『3 (drai)』 (ALFA)
・Gargoyle『檄〜ふれぶみ〜』 (after ZERO)
・AION『MA-G-MA』 Night Gallery
・D’ERLANGER解散

12月

・ZI:KILL YUKIHIRO脱退

1991年

エクスタシーとフリーウィルの活動が活発化。

2月

・BUCK-TICK『狂った太陽』(Victor)
・LADIES ROOM『Made in SEX』 (EPIC)
※メジャーデビュー作品
・BILLY & THE SLUTS『ひとつ目うさぎの大逆襲』 (Free-Will)

3月

・STRAWBERRY FIELDS『nouvelle parfum』 (パイオニアLDC)
 ※メジャーデビュー作品
・ZI:KILL「LONELY」 (EMI)
  ※メジャーデビュー

4月

・LUNA SEA『LUNA SEA』 (EXTASY)
・Gargoyle『璞 (あらたま)』 (after ZERO)

5月

・SOFT BALLET『愛と平和』 (ALFA)
・東京ヤンキース『Do THE DIRTY』 (EXTASY)

6月

・かまいたち『JEKYLL to HYDE』 (TOYS FACTORY)
・BY-SEXUAL「幕末純情伝」 (PONY CANYON)
※映画「幕末純情伝」テーマ曲

7月

・X『Jealousy』 (SONY)
・COLOR「THE EXHIBITION」 (Free-Will)
 ※インディーズ復帰作
・IZUMI(AION)『IZUMI』 (Night Gallery)
・ROSENFELD『Pigs Of The Empire』 (Skull Crusher)

8月

・THE MAD CAPSULE MARKETS「ギチ」 (Victor)
 ※メジャーデビュー作品
・しいもんきい『ちょうちんふかし』 (Free-Will)
・X 初の東京ドームライブ

9月

・かまいたち 解散ライブ

10月

・BY-SEXUAL『Cracker』 (PONY CANYON)
・AION「BE AFRAID」 (BMG)
 ※メジャーデビュー作品
・DIE IN CRIES『NOTHINGNESS TO REVOLUTION』 (Danger Crue)
・日本武道館「EXTASY SUMMIT」開催
・幻覚アレルギー 結成

12月

・X ライブ「X with Orchestra」
・X 第42回NHK紅白歌合戦
・SISTER’S NO FUTURE 初ライブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)