「初月無料」の罠!いつのまにかGooglePlayMusicに課金されてました

昔と違って、クレジットカードの明細もオンラインで確認する時代。とても便利なものですが、郵送で来ないと実際にはなかなか確認することもありません。

そんな中先日、久々に明細を見ると見覚えのない項目が…。

グーグルミュージック…!?
1年前に立て続けにスタートした定額音楽サービスの一つ、Googleのサービスです。

これが780円引かれている…
もちろん普段使っているわけではありません。いつの間にか支払いをするようになってたみたいです。

いつのまにかGooglePlayMusicに課金!

Googleアカウントを複数持っているので、どのアカウントだろう?と思いつつそれぞれログインしてみると…ありました。

このアカウントですね。
というわけでGmailを見ると、毎月課金のメールがきていました。

このアカウントは普段使わないので、iPhoneのメールアプリに設定していなかったので気づきませんでした…。

というわけで、早速その場で解約!
一切使ってないですから当然です。

GooglePlayMusicの開始時に無料お試しした人は要注意

昨年、立て続けに幾つかの音楽定額サービスが開始しました。どこも最初のお試し無料期間というものがあったので、私も一通り試してみました。

音楽好きの人はおそらくこの無料期間中に、サービス別の強いジャンルなんかをいろいろ比較したと思います。

その最初の登録時に、GooglePlayMusicはクレジットカード情報を入力をしているはず。というのも多分みなさん、それすらも忘れているでしょう。

なぜ無料期間なのにクレジット情報を?」と思いますが、無料期間を終えると自動で課金が開始されるんですね。

1円も払わず終えるには、無料期間中に解約手続きをしなければなりません。そして、有料になっても解約をしなければ自動継続で毎月課金され続ける…。

どこぞのアダルトサイトのような(笑)よくできたシステムです。

※ちなみに今から加入すると通常料金(月額980円)ですが、初期に加入した人は780円でした。

まあ、きちんと毎月メールが来ていたということもあるので不親切ということも全くなく、私が100%悪いのですが…
面倒だとは思いますが、ちゃんとクレジットカードの明細はチェックすることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)