副業アフィリエイターがサーバー移転という無駄な作業を発生させないためのコツ

私、5月後半の空いた時間はほとんど、サーバー移転関係に費やしました。ホント無駄な時間というか、ビジネスとしては全く進展のない作業でした。

しかもアクセス数は落ちるし…ヒヤヒヤしました。今はやっと元の水準には戻りましたが…

この膨大な作業時間を記事投稿などに使うことができればかなりのボリュームの更新ができたと思うのですが…というわけで、こうした余計な時間を使ってしまわないように対策をまとめます。

サーバー移転を余儀無くされた原因

理由は、同じサーバーを使用している他のユーザーに影響がある位の負荷をサーバーにかけてしまったことによるアクセス制限です。

レンタルサーバーには大きく分けて、一つのサーバーをみんなで使う「共用サーバー」と、一人で使う「専用サーバー」があります。

共用であれば一人当たりの月額が安いのでそれが最大のメリットですが、たくさんの人が一つのサーバーに入れられているので、例えば重い動画をたくさん置いている人がいれば、その負荷が他の利用者にも影響が出るので、あまりにも負荷をかける人は制限をされるのです。

私が、とある格安サーバーに1アカウントでたくさんのWordPressブログを入れており、それらのアクセスが増えたためにアクセス制限をかけられてしまいました。

当ブログもそこに入れていたため、アクセスできなくなってしまったのです。

大変だったサーバー移転作業

そのサーバーにもう1アカウントと、さらに他のサーバーを二つ契約し、それぞれのブログを分散させました。

例えば専用サーバーを一つ借りてしまうとかいろいろ検討したのですがやはりリスク分散、そしてもちろんIPアドレス分散というのも考慮し、結果的に複数のサーバーに散らした形です。

正直、復旧できるまでの労力と、どうしても気がかりだったりもするのでソワソワした日々を送ってしまいました。複数あるブログの復旧は、ある程度同時進行していかないといけません。
(アクセスできない期間を最小限にし、とりあえずメンテ中だがページには繋がる状態にしておかないと機会損失に繋がるため)

この物理的な作業時間の損失は非常にもったいないです。安さに釣られてサーバーを決めるのも良いですが、急なアクセス増に耐えられないと意味がありませんし、二度手間になってしまいます。

サーバーの心配をしなくてもいいようやなプランを契約しましょう。移転作業経験者として、ぜひそれをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)